眼精疲労 ビタミン | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

目の疲れ対策にはビタミン類を補給

目の疲れを解消するには、疲れ目に効果があるとされる栄養素を摂取することも大切です。目の疲れ改善を謳った医薬品に含まれている有効成分はビタミン類です。

ビタミンを取り入れることで様々な効果を得ることができます。疲れていると食事をするのも億劫になってしまいがちですが、きちんと食事をして目の疲れに効く栄養素を取り入れることをおすすめします。


ビタミンA

ビタミンAは、網膜や角膜の機能を高める働きがあり、必要な量の涙を維持する働きにもいい影響を与えるとされています。レバーやマーガリン、にんじん、小松菜、うなぎなどに多く含まれているので、取り入れてみるといいでしょう。


ビタミンB

ビタミンBは視神経の働きを活性化する働きに優れ、目の粘膜組織を作り出すためになくてはならない栄養素と言えます。豚肉やバナナ、レバー、落花生、まぐろ、納豆、たらこ、さんま、かき、うなぎ、いわし、あさりといった食材にたくさん含まれています。


ビタミンC

ビタミンCは水晶体を透明に保つために、不可欠な栄養素です。さらに目をリフレッシュさせる働きもあるので、積極的に取り入れていくといいでしょう。ビタミンCはブロッコリーやみかん、芽キャベツ、菜の花、小松菜、キウイ、カブの葉、イチゴ、赤ピーマン、アセロラジュースなどに多く含まれています。


ビタミンD

ビタミンDは、目の疲れに効くとされるビタミンAの吸収を助ける働きがあります。まいたけや干し椎茸、サンマ、鮭、きくらげなどから取り入れるといいでしょう。


ビタミンE

ビタミンEは、血行を活性化する働きを持ち、老化予防にもいいとされる栄養素です。落花生やヘーゼルナッツ、ひまわり油、ハマチ、たらこ、くるみ、かぼちゃ、うなぎ、アーモンドに多く含まれています。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ