眼精疲労 目薬 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

眼精疲労対策で目薬を買うならビタミンB12(シアノコバラミン)入りのものを

眼精疲労は、目を沢山使う方には大きな悩みですね。

目薬の成分は目の調子に合わせて選ぶことが大切です。目薬の配合成分には、炎症をとったり、栄養を与えたり、代謝を活発にするタイプがあり、ピント機能を調節する成分やプール後の結膜炎予防に良いものなどがあります。

眼精疲労対策で目薬を買うならシアノコバラミン(ビタミンB12)が入ったものが良いです。ビタミンB12は目の調節機能を整え目のかすみに働き、PCワークの方や車の運転をされる方、携帯やメールを良く使う方の目の疲れによいです。

ビタミンB12が入っている目薬の特徴は「赤い」ことです。

一見不気味ですが、ビタミンB12が点眼液を赤くするため特に眼に悪いわけではないので安心してください。

眼精疲労対策で目薬を買うなら、使い心地はスッキリ感が強いタイプは避けた方が無難です。清涼感のあるものはドライアイの原因になるからです。

私も、眼精疲労に悩む一人ですが、ビタミン12の入った目薬をさすと目のかすみが改善し、目がすっきりする感じがします。コンタクトを使っているので、コンタクトをはずした夜や朝に使います。

使用方法にも記載がありますが、目薬はコンタクト使用時は使えないタイプが多いので確認しましょう。コンタクト使用時のと疲れ目対策の目薬を使い分けると良いでしょう。

眼精疲労のための目薬選びのポイント記事一覧

あなたがお使いの目薬は疲れ目対策のものか?

目が疲れたときに、目薬を使ってケアする人は少なくないでしょう。ですが、普段使用している目薬は、本当に目の疲れに効果があるのかははっきりしないはずです。もしも、何となく選んだものを疑いなく使っているのなら、1度見直してみた方がいいかもしれません。目の疲れに効果のない目薬を使っていても、眼精疲労対策とし...

≫続きを読む

 

 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ