VDT作業による疲れ目対策 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

VDT作業は1時間毎に10分の眼の休憩をすること

目の疲れを解消するには、きちんと休息をとることが大切だと言えます。照明や姿勢に気をつけて、自分に合ったメガネを使っているからといって、長時間作業しているのはよくありません。

3時間作業するとしても、休み無しで作業をするのと1時間ごとに10分間の休憩を挟むのでは、目の疲れの溜まり方が違ってきます。とはいえ自宅にいるのならともかく、職場にいるときに好きなときに休憩するというのは不可能かもしれません。

ですが、ちょっとした工夫で休息をとることは可能です。たとえば、目を休めるのと用事を兼ねて席を外したり、コピーをとりにいくなど少し工夫してみましょう。少しの時間だけでも目を休ませることができれば、目への負担を軽減させることができるはずです。

それから、目の疲れを予防するだけでなく、作業を休むことで気分もリフレッシュすることができます。精神的な負担も軽減できるので、こまめに休むようにしましょう。人間が集中できる時間というのは決まっているので、無理に作業を続けるよりは少し休んだ方が仕事の効率も高まるのです。

時間に追われていないときなどは、少しの間ぼんやり過ごすのもいいでしょう。よく言われることですが、遠くの方の山などを見るのは目の疲れ解消に効果があると言われています。

ぼんやりするときは、できるだけ遠くの緑を見るのがベストです。このときはあまり難しいことを考えずに、心をからっぽの状態にすると気分も落ち着くでしょう。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ