疲れ目に効く目薬 | ブルーベリーサプリおすすめランキング|眼精疲労サプリ特集

疲れ目・眼精疲労に目薬は危険!?

疲れ目を感じたときに一番手っ取り早く眼をすっきりさせるには目薬は便利です。

しかしながら、市販の目薬には眼にあまり良いとは言えない成分も多々含まれており、常用するのは非常に危険性があります。

眼精疲労対策の目薬についていえば眼科で処方される「サンコバ」というビタミンB12単体処方のものを除いて継続して使えるものがほぼ存在しません。

どんな成分が問題になるのか?

市販の目薬には防腐剤が入っているものが多い

まずは防腐剤です。
市販の目薬の多くは防腐剤が入っているため数週間で使い切る必要もなく扱い自体はしやすくなっていますが、一日に何度も点眼するとこの防腐剤などの添加物の影響が無視できません。

防腐剤が入った目薬を好き好んで常用したい人がいるでしょうか?

血管収縮剤が眼を逆に充血させる

次に、血管収縮剤の影響です。
効果効能の表示に「目の充血」と書いてある場合に血管収縮剤が含まれています。成分としては塩酸テトラヒドロゾリン、塩酸ナファゾリン、塩酸フェニレフリンといったもので、市販の眼精疲労に効くと書かれている目薬には大体含まれています。

この血管収縮剤は充血している血管を収縮するため一時的に充血を抑える効果があるのですが、効果が切れると余計に拡張して充血しやすくなります。充血するからまた目薬をさすという悪循環に陥るわけです。

眼精疲労にはビタミンB12が入った目薬が良いのですが、市販のビタミンB12配合の目薬の殆どに目の充血対策として血管収縮剤が入っており、一時的に使うだけならよいのですが常用するには危険性があります。

目薬よりも

眼精疲労を目薬ですっきりさせたい人は多いと思いますが、残念ながら現状安心して使えるのは眼科で処方される「サンコバ」 (防腐剤不使用、ビタミンB12単体配合) くらいしかないのが現状です。

通常時には市販の目薬に頼るよりも、キューピーコーワiといったビタミン剤やブルーベリー(ビルベリー)のサプリメントを摂取する方が眼の健康には安全と考えます。


 
売れ筋BEST5 人気サプリ比較表 日本一売れているのはコレ